2012年03月13日

その性は悪

201203100119000.jpg
運命の女、とくれば、罪の女。
有名どこでは、マグダラのマリアとかでしょうかね。
(※この場合は、実際がどうより、そんなイメージ、ってだけです。念のため)
BMだと、マリアにそのイメージがあるのかもしれません…ただし、天使中心史観では、的な部分もあります。
罪の女、は、その罪を業として背負い、そこからの赦しと最終的な救いを求める訳です。
マリアの場合は、悪魔を裏切った、多くの罪の無い天使やお守り(場合によっては、同胞の悪魔も)を手に掛けた、的な意味合いかと。
しかし、マリアの場合、一方では旧い神(新しい神により駆逐された原始信仰的な神)の末で、次代の創造者でもあるので、ちょっと違うかも?
元ネタを考えると、実は愛然かぐやの方が、罪の女、かもしんないですね。
愛然→愛染、かぐや→かぐや姫、だし。
タレイアも何となーく、女の業って感じで怖かったりしましたが、それ思うとマリアはむしろ小娘かもしれん…。
かぐや姫は月の世界で罪を犯し、地上に落とされた訳ですからね。
愛染は、愛への執着、俗には愛欲。
結構、凄い。
posted by さわ・な at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | BM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

女のサガ

運命の女、と書いて、ファムファタルと読む。
ちなみに、今、手元の電子辞書を見たら「男の運命を変える女。男を破滅させる女」とありました。
アニメ版に限れば、マリアの因子にはそういう要素があるようにも思います。
まぁ、語義を考えれば、むしろ、クレオクス妃?とか思いますが。
ロコマリについては色々と思うところがありますが、結論付けようとすると、新シリーズで微妙にズレて…の繰り返しで、未だによく分かりませんね。

つー訳で、昨日の記憶スケッチ、シヴァマリアでした。
posted by さわ・な at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | BM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

あ…

image.jpg
色々とありまして、久々にPCで見たら、想像以上に画像がボケてました。
ふぅ。
4月迄に、公私共に、ちょっと片付け無いといかん感じです。
ちなみに前回は、ウィンディのシスでした…一応。
イメージは、美貌の政治家で、本質は鉄の女。
パンゲ随一の政略家で、美貌も武器の一つと割り切る、強かな人、って感じかな?と。
こちらの方の方が、実は小娘かもしれない(笑)。
posted by さわ・な at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

春を愛する人

image.jpg
四季の歌的には、春を愛する人は恋人なんですよね。
と言う訳で、3月開始。
記憶力で描いてみる、も2日目。
今回は、ほとんど、「と、言い張ってみる」状態だなぁ…。ちなみに前回は聖フェニ。
posted by さわ・な at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。